出版日 2017-10-27
ページ A4/128ページ
発行 株式会社 デジタルインファクト
価格

■PDF版:162,000円(税込)

   (本体価格150,000円)

備考

関連事業者12社による市場の見方

2015年から2020年までの国内レコメンドウィジェット広告の市場規模を算出

2017年の最新動向と媒体、フォーマット、新しいサービスなどに関する業界関係者の評価と認識が明らかに

海外の市場動向についても解説

 

◆調査目的

日本国内におけるレコメンドウィジェット広告の市場規模を算出するとともに、各事業者の特徴を捉えた上で、同市場の現状と今後の課題及び可能性を探る。

◆調査手法

各種公開情報などの収集、訪問によるヒアリング調査

◆調査対象

レコメンドウィジェット事業者、広告代理店、媒体社各社

◆調査内容

1.レコメンドウィジェットの定義と概要

2.レコメンドウィジェットのビジネスモデル

3.レコメンドウィジェットの市場規模

4.レコメンドウィジェットの課題

5.レコメンドウィジェットの今後

6.事業者ヒアリング

◆調査期間

2017年3月~10月

調査主体

株式会社デジタルインファクト

◆目次

Ⅰ.市場分析編

1.レコメンドウィジェットの定義と概要          

(1)レコメンドウィジェットの定義         

①JIAAの定義     

②IABの定義       

③狭義の定義      

④広義の定義      

⑤本調査レポートの対象

(2)レコメンドウィジェットの概要         

①レコメンドウィジェットの一般的なアルゴリズム             

(3)レコメンドウィジェット普及の背景  

①ユーザー動向   

②広告主動向〈需要サイド〉            

③媒体動向(供給サイド)  

 

2.レコメンドウィジェットのビジネスモデル   

(1)サービスモデル・ビジネスモデル  

(2)レコメンドウィジェット広告の需要形態         

(3)レコメンドウィジェットの付加サービス

①SSPなどへの接続          

②媒体支援コンサルティング             

(4)レコメンドウィジェットの展開事例  

①使用方法の具体例          

②レコメンドウィジェットの使用条件    

(5)レコメンドウィジェットの普及状況  

①国内動向          

②海外動向          

 

3.レコメンドウィジェット広告の市場規模     

(1)国内市場規模 

①全体の市場      

②端末別(PC・モバイル)    

(2)国内の主要事業者        

(3)海外市場規模 

(4)海外の主要事業者        

(5)日本・海外市場の相違点             

①日本における市場の特徴

②海外における市場の特徴

 

4.レコメンドウィジェットの課題      

(1)利用法に対する見解の不一致     

①「インターネット広告はダイレクトレスポンス」という認識

②出稿側の予算枠と体制、商流        

(2)コンテンツマーケティング需要       

①「コンテンツマーケティング」という用語に対する理解の相違        

②オウンドメディアを運営する企業の不足         

(3)適切なアトリビューション分析方法の不足   

(4)過当競争状況 

(5)Googleのフォーマットの脅威       

(6)コンテンツ管理

①「面白い/役に立つ読み物を読んだ」という指標の曖昧性            

②審査体制の整備             

③広告主の利便性             

(7)その他           

①レコメンドウィジェットの歴史の浅さ  

②機能を比較するための共通した指標の不足  

 

5.レコメンドウィジェットの今後       

(1)技術 

①解析技術の進展             

②適切なアトリビューション分析方法の開発     

(2)事業 

①メディアマネタイズの総合プラットフォーム化  

(3)広告フォーマット

①動画コンテンツが増加     

②タイムライン型など          

③SNSのチャットボット        

④その他需要・供給形態の多様化     

⑤関連専門事業者の誕生   

 

(4)市場動向        

①需要の増加      

②供給側の成長停滞の可能性          

③広告単価の上昇             

④レベニューシェアの配分率の見直し

(5)事業者動向    

 

Ⅱ.事業者ヒアリング編

1.事業者ヒアリング         

(1)調査概要        

(2)ヒアリング個票

レコメンドウィジェット事業者

①アウトブレイン ジャパン株式会社   

②株式会社A.J.A.(サイバーエージェントグループ)        

③株式会社インタースペース             

④エキサイト株式会社        

⑤GMOアドマーケティング社            

⑥株式会社Speee             

⑦株式会社スリーアイズ     

⑧タブーラ・ジャパン株式会社            

⑨ヤフー株式会社

 

媒体社

①(株)産経デジタル           

 

広告代理店

①トランスコスモス株式会社(大阪)   

②株式会社ワンスター